toggle
2021-11-27

【Wedding Signet Rings】Hand Engraved Oval Signet Rings「TS」(Brass)

こんにちは。KUBUSの斎藤です。

本日紹介をしますのはペアのシグネットリング。それも、ご結婚指輪としてのご依頼です^^

ご結婚時にも指輪を用意されたそうなのですが、改めて思いを込めたご結婚指輪を作りたいということで、この度KUBUSへお任せ頂けることとなりました!すごく嬉しい。

今までもペアのシグネットリングを紹介してきましたが、”ご結婚指輪として”というのはKUBUSではもちろん、ひょっとすると一般的にも珍しいことなのかもしれません。

ですが、僕としては「ご結婚指輪としてシグネットリングが選ばれることがもっと増えてもいいのにな〜」といつも思っています。

特徴的な見た目でありながら決して派手という訳ではなく、さりげなくご着用頂くことができるため、基本的にはどのような服装やシーンにも馴染みます。

もちろん、地味でつまらないジュエリーということでもありません。シンプルながらもシグネットリングだからこそ許されるその魅力的な形状は、見た目だけでなく、指へと馴染むよう計算がされています。また、印台部分へしっかりと施された手彫りはお二人のためだけにデザインされた特別なもの。

お二人の繋がりを更に強め、優しく包む。それにこんなにも適したジュエリーであるのに、まだまだご結婚指輪として選ばれることが少ないなんてもったいないです。

でも、だからこそ、人とは違う特別なご結婚指輪を作りたいというお二人にピッタリなのかもしれません(^^)

こういうことは価値観を押し付けてしまうようであまり言わないようにしているのですが、せっかく”Wedding Signet Rings”としてオーダーを頂いたのでお伝えしてみました。

きっと今回のブログをご覧頂くとその魅力を感じて頂けると思いますよ♪

それでは制作を進めていきましょう!

まず、号数とシグネットリングのシェイプを決めるために、リングゲージとサンプルのシグネットリングをお送りしてお確かめ頂きました。

山の中にこもって制作していることもありますし、全国各地からご依頼をくださる皆さんと直接お会いするということがなかなかできないこともあり、KUBUSではこのようにご自宅で号数等をお確かめ頂けるような用意をしております。

ドーンと実店舗を構えている訳ではないからこそ、お一人お一人とじっくり打ち合わせができると考えています。

打ち合わせも制作も僕が一人で行っていますので、直接ジュエラーに色々と相談をして頂けるというのも珍しいことかもしれませんね。しかし、頭は一つ手は二つ、一人だと限られた動きしかできないこともあり、ペースはゆっくりに見えるかもしれませんが、斎藤は起きている間中フル稼働。感動して頂けるジュエリーをお届けすべく日夜取り組ませて頂いておりますよ〜。

リングゲージとサンプルのシグネットリングをお試し頂き、いくつかアドバイスをさせて頂きながら号数とシグネットリングのシェイプが無事に決定!いよいよ彫金机へと向かいます。

金属粉まみれになりながら、お二人がご着用くださっている姿を思い描きシグネットリングを削り出していきます。

狙った形になるように少しずつ少しずつ。

そうして形作ることができた姿がこちら。

粗削り完了

旦那さまがご着用くださる分は写真左側「13mm×11mmのOvalシェイプ」、奥さまご着用分は右側「11mm×10mmのOvalシェイプ」です。

このように書くと「ただフェイスサイズが違うだけ?」と思われてしまうかもしれませんが、もちろんその答えは「いいえ」です。ペアのリングに関わらず、シグネットリングはフェイスサイズだけでなく、そのくびれ加減や各部の厚み等によっても表情が変化しますから、単純にフェイスサイズとその形状だけで決まるものではありません。

ですが、それを書き出すとキリがなくなってしまいますのでここでは割愛。笑 打ち合わせの際にビッチリ各部について相談をして頂くこともできますし、「ある程度イメージを決めたら斎藤にお任せ!」ということでも全く問題ありません。今回はフェイスサイズをお決め頂き、その他の部分についてはお任せ頂きましたので、僕が考える理想のウエディングシグネットリングを形作っていきました(^^)

粗削りができたら表面を研磨していきます。様々な番手のヤスリがけを重ね、表面がつるんとなりました。

研磨完了

さぁ、それではフェイス部分への手彫りへと移って参りましょう!

いくつか作成したモノグラムの中からお選び頂いたデザインをシグネットリングへ下書きしていきます。そのデザインがこちら。

旦那さまのシグネットリングへTSモノグラム下書き

奥さまのシグネットリングへTSモノグラム下書き

お二人のイニシャルを組み合わせた「TS」のモノグラムです。「T」と「S」がバランス良く重なり安定しているその姿は、まさにお二人がベストパートナーであることを表しているようですね。

まずは旦那さまのシグネットリングから手彫りしていきます。

線の太さや強さに緩急をつけながら深く。

よし、彫れました!

旦那さまシグネットリング手彫り完了

旦那さまシグネットリング手彫り完了2

続いて奥さまのシグネットリングへ。縦横比が異なるフェイスであっても、二つのシグネットリングがしっかりとお揃いになるように。

そして、見た目だけでなく、お二人を守りご家族を包む力になるんだぞという想いを込めながら。

奥さまシグネットリング手彫り完了

「あれ?さっきと同じ写真載せちゃった?」と自分で騙されてしまう程に、お揃いに込めることができました。

スタンプした姿もしっかりとお揃いです^^

二つのシグネットリングのスタンプ

仕上げ磨きをしたら、遂に完成です!!!

【Wedding Signet Rings】Hand Engraved Oval Signet Rings「TS」(Brass)_完成

【Wedding Signet Rings】Hand Engraved Oval Signet Rings「TS」(Brass)_完成2

【Wedding Signet Rings】Hand Engraved Oval Signet Rings「TS」(Brass)_完成3

【Wedding Signet Rings】Hand Engraved Oval Signet Rings「TS」(Brass)_完成4

【Wedding Signet Rings】Hand Engraved Oval Signet Rings「TS」(Brass)_完成5

【Wedding Signet Rings】Hand Engraved Oval Signet Rings「TS」(Brass)_完成6

【Wedding Signet Rings】Hand Engraved Oval Signet Rings「TS」(Brass)_完成7

シグネットリングはひとつでも凄まじいパワーを持っていますが、二つ並ぶと圧倒されてしまうほどのオーラがありますね。(もちろん、世間一般に”シグネットリング”と呼ばれているものなら全てがそうだということではありませんよ?それは言わずもがなということで。)

そして、奥さまから素敵なご着用写真をお送り頂きました!皆さんにもお裾分け(^^)

ご着用写真

ご着用写真2

いやー。物凄くカッコイイです。

シグネットリング専門のジュエラーをやっていると、非常に残念で情けないことですが、「シグネットリングは紳士にのみ許された、、、云々。」や「シグネットリングは小指に着けるべし。」などといったように陳腐なフレーズを目や耳にすることが多々あります。

ですが、それを払拭するために頭を捻り言葉を並べる必要なんてないのかもしれませんね。こうして素敵なご着用姿を見れば、くだらない薄っぺらな価値観を爽やかに吹き飛ばしてくれます。

オーダーをくださったTさんご夫妻、ご依頼本当にありがとうございました!!『斎藤さんにお任せして良かった』との涙が出てしまうほどに有難いお言葉、すごくすごく嬉しいです。こちらの二つのシグネットリングがご夫婦お二人をより強く優しく繋ぎ、そしてご家族を温かく守る力に少しでもなれたらと制作をさせて頂きました。沢山の時間を一緒に過ごしてあげてくださいね^ ^

愛情を込めて制作させて頂くこと、僕は当然だと思っていますが、それをお届けしたシグネットリングから感じて頂けるのは当たり前のことではありません。

こうして、単に物作りということに留まらず、心と心でコミュニケーションをとりながら、笑顔と感動に包まれた温もりある環境で表現をし続けられているのは、かけがえのないことだと日々感じています。

KUBUSのスタイルに共感してくださり、「一緒に素敵にしていこう」と真剣に楽しく向き合って頂けるおかげです。

これからも、KUBUSとオーダーをくださるお一人お一人とでしかできない特別な表現をしていきます。

世の中を少しでも平和にする力があると信じて。

長くなってしまいましたが、最後までご覧頂きありがとうございます。また次回お目にかかりましょう。それでは!


KUBUS 斎藤

【Gallery】【Wedding Signet Rings】Hand Engraved Oval Signet Rings「TS」(Brass)

【創り手仲間】

【KUBUSの各種リンク】

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です