toggle
2019-10-01

【Bespoke Order】tsubura~つぶら~ring(Sv925)

こんにちは、KUBUSの斎藤です。

今回紹介をするオーダーメイドで制作をさせて頂いた指輪は、一見シンプルな外見ですが、他のKUBUS製の指輪に勝るとも劣らない程に、ご注文くださった方と僕とのこだわりが詰まったものになりました。

ご注文内容は、「シルバー925製、小指着用、シンプルなデザインで幅広タイプ、ぷっくりした雰囲気、そして手が綺麗に見えるように」。大まかなデザインはもうこのご希望だけで決まってしまうのですが、ここからが腕の見せ所です。このご注文内容にただ沿うだけでは期待以上の指輪を作ることができないので、ご注文くださった方の頭の中にある理想像を想像しつつ、KUBUSのエッセンスを加えていきます。

まず一つ目の課題は”「幅広」といってもどれくらいの幅広なのか”。今回は直接ご注文くださった方に会って打ち合わせをさせて頂くことができたので、手や着用予定の指を実際に拝見したり、KUBUSで既に制作している今回の指輪に近い雰囲気の指輪を着用してみてもらいイメージを膨らませます。

会議の結果、まず幅8mmで制作ということで可決。

地金を切り出しカンカンカンカン。ロウ付け(溶接)しリング形状にしてシルエットを整えていきます。

今回のもう一つの課題は”「張り出し」を抑えつつぷっくりな雰囲気を出す”ということ。ぷっくりさせようとするとある程度の厚みが必要になります。でも、今回は幅広シルエット。幅広デザインでぷっくり感を出すために厚みを持たせると張り出しが大きくなってしまいます。そうすると着用時に指が閉じず、隣の指に当たって邪魔になってしまう。そんな風に着けていてストレスを感じるような指輪はダメです。

これを解決する方法は言葉だと難しいのですが、”必要最低限の厚みだけ持たせ、指輪の外側と内側の境目部分を限りなくシームレスに。そしてその部分で特にぷっくり感を表現する。”です!笑

んー。勢いで押し通そうとしましたが意味分からないですね。ww この後の完成写真をご覧頂ければご理解いただけると思います。

そんなこんなである程度の修正可能なゆとりを持たせた状態で再確認をして頂きます。

当初議会で可決された幅8mmですが、再審議を行なった結果「-0.5mmしましょう」ということで断案。指輪のサイズも微調整が必要だったので-0.5号調整していきます。

「-0.5mmだとか-0.5号だとか細かいなー。」と思ったそこのあなた!

いやいや、数値にすると少しの違いでも実際に着用した時には物凄い違いになって現れちゃうんです。

無事各部の調整もでき、張り出しを抑えつつもぷっくり感を損なわないシルエットが完成しました。

これで今回の作業は終了!、、、、とはなりません。笑 今回はもう一つKUBUSに重要なミッションが課せられていたんです。それは、”お子さんのイニシャルを表面に彫る”というもの。字体はKUBUSから何種類か提案をさせて頂きました。

ring_design

1番のフォントに決定!

洋彫りタガネと呼ばれる道具を使って人力で彫っていきます。「うー。失敗したらまた一から作り直しだ。」なんて彫る直前に頭をよぎっちゃうもんだから手が震えて止まりません。

一服して気持ちを整え、いざ刃を入れていきます。

無理な力を入れないように丁寧に丁寧に。

よーし!できた!!!!!





Tsubura ring_blog
Tsubura ring_blog2
Tsubura ring_blog3

張り出しは抑えられているのにぷっくり感があるのをお分り頂けますでしょうか?これが、”必要最低限の厚みだけ持たせ、指輪の外側と内側の境目部分を限りなくシームレスに。そしてその部分で特にぷっくり感を表現する。”です!笑

もちろん内側もなめらかに、指あたりが気持ちいいように仕上げました。

Tsubura ring_blog4

KUBUS特製のラッピングを施しこれで本当に今回の作業は終了です。

今回のご注文は発送ではなく手渡し。そして、着用してくださる瞬間に立ち会えるのでドキドキです。

ラッピングをほどき、いよいよご対面。

「可愛い!!!」 よーーーーーっし!!!!!調整を重ねた箇所もイメージ通り。やっぱりあの-0.5mmをして良かった。

こうして実際に指輪に対面し着用いただける瞬間に立ち会えることは、実店舗がまだ無いKUBUSにとってなかなかない貴重な体験です。お会い出来ない方であっても頂いたお写真やお言葉から幸せをもちろん頂いていますが、対面した瞬間、着用した瞬間というのは見れません。今回はその瞬間に立ち会えたので、いつもとはまた違う刺激や幸せを頂くことが出来ました。

今回のご注文は僕の高校時代の同級生からでした。ありがとう!!!学生の頃はあまり話したことはなかったけれど、久しぶりに会ってKUBUSの話をした時に気に入ってくれて、特別な指輪をKUBUSで制作させて頂くことになりました。

KUBUSがキッカケで会話が生まれ、物が生まれ、それが感動を生む。KUBUSで生み出したものをお届けする度に思うことですが、本当に有難いことです。

それでは最後に、注文をくださった方の着用写真と、奇跡的に人差し指にピッタリはまっている何とも可愛らしい着用写真をご覧ください。

Tsubura ring_blog5
Tsubura ring_blog6

いつかお子さんが大きくなって、お母さんの指輪に自分の名前のイニシャルを見つけたとき喜んでくれるといいな〜と、何だかほっこり気分。


最後まで読んで頂きありがとうございました!


今回の制作風景を撮影した映像も作りましたので、宜しければ下記よりご覧ください!





KUBUS 斎藤



tsubura~つぶら~ring(Sv925)制作映像

【Gallery】【Bespoke Order】tsubura~つぶら~ring(Sv925)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です