toggle
2020-07-03

【Semi-custom made】Pair Octagon Signet Ring(9ct Yellow Gold&Sv925)

”着用でつく傷がシグネット”

こんにちは、KUBUSの斎藤です。

珍しく副題をつけて始めてみました!今回オーダー頂いたのはペアのシグネットリング、それも『着用でつく傷をシグネット(signature=署名)』と捉えてくださってのご注文。

もうこれだけで嬉しくなってしまいますよね。

もちろん、シグネットリングの大きな魅力の一つが手彫りだと考えています。でも、魅力はそれだけじゃないんです。シグネットリングはそのフォルム自体が魅力的で最高にカッコイイですし、手彫りを入れない状態であっても、素敵にそれだけで風格が成り立つように意識をして一つ一つデザインをしたり、制作をしていたりします。

そして何よりも、「これがシグネットリングの魅力だ!」と僕が考えているのは、ご着用頂く方お一人お一人の感性を込めて表現をすることができる指輪だということです。

僕がKUBUSで表現をしたり意見の発信をする時に最も心がけているのが、”価値観や感じ方は人それぞれであって、それが良い。それが素晴らしい。”ということです。

「普通はこうかな」「決まりはあるのかな」「世間の人達にこう思われちゃうかな」等々。日常生活を送っていると、出来ればそんなこと気にしたくはないけれど、こういった考え方をしなければならないこともあります。

でも、表現をする、つまりアートする時にはこのような思考は邪魔になってしまうことがほとんどです。シグネットリングとは、『Signature ring(=署名の指輪)』が語源だと言われています。つまり、着用する方の感じ方や想い、といった個性が込められていない物はシグネットリングとは呼べないと思うんです。

今回頂いたオーダーを通して、作り手である以前に僕という一人の命を持った存在として、そのような大切なことを改めて感じ、より心に抱きしめられる大きなきっかけになりました。

それでは、オーダー品の紹介をさせて頂きますね!

オーダー内容は「Octagonシェイプのペアシグネットリング」「素材は9ct Yellow Gold(K9)とSilver925」「Silverには艶消し仕上げを」「お二人とも小指にご着用予定」「着用でつく傷がシグネットだから、フェイス部分への手彫りは無し」。

制作を進めていくにあたり、お二人のお手元の写真を送って頂きました。「手を見ただけで何が分かるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それが色々と分かるんですよ。

占い師ではないので運勢は分かりませんが、手の甲の幅や厚み、それに対しての指のバランス、指の長さや細さ、肌のトーン、他にお使いのジュエリーがあればその雰囲気と位置、ネイルをされていらっしゃればそのデザインやカラー、お洋服の袖が見えている時はそこから考えられるお好きなファッションの雰囲気等々、、、。ほらね、たくさん分かるんです!

直接お会いしなければ分からないことももちろんあるのでしょうけれど、オンライン中心に今まで活動をしてきているKUBUSとしては、制限があるからこそ感じられることがあると考えています。

更に奥さまから、そんな僕のほぼ妄想な想像を手助けしてくださることを教えて頂くこともできました。

奥さまは「既にお持ちのジュエリーはゴールド製品」、旦那さまは「お仕事で着るのはスーツ、お仕事柄あまりキラキラとした物でない方が良い」とのこと。これらと先程の妄想(おっといけない。)、想像を組み合わせればもう完成形を描くことが出来ます!!

フェイス部分の大きさについてや、マット仕上げの度合いについて提案をさせて頂きまして、ご希望の方向性を伺った上で、『あとは斎藤さんにお任せでいいよね』と嬉しくちょっぴり照れくさくなってしまうほどの嬉しいお言葉を頂けたので、これにて頭の中の設計図は完成です!

いよいよ手を動かしていきますよ〜。

一つ一つの個性を出していく前にまずは、大枠をある程度カチッと決めていきます。その中で重要なポイントの一つが”指なじみ”。着けた時には見えないところですが、着けている時に最も感じる所です。

こんな風に角が立ってしまっているところを、

指なじみ仕上げ前

指でスリスリと感触を確かめながら滑らかにしていきます。

そうすると、、、

指なじみ仕上げ後
Silver925
ゴールド指なじみ仕上げ後
9ct Yellow Gold

角がとれましたね。

このように基本的なところをしっかりと決めてあげたら、いよいよご着用くださるお二人とKUBUSの想いをそれぞれの指輪へと込めていく作業となります。その途中経過の写真をお見せしてしまうのではクライマックスがここへ来てしまいますので、完成写真までのお楽しみ。

事前に頂いたお手元の写真やそこまでのメールのやり取りを何度も確認し、更なる妄想(もうハッキリと言っちゃいます笑)を膨らませながら作業を進め、無事に形になったところで、裏面に素材を表す品位刻印をします。

品位刻印Sv925

品位刻印K9

あとは仕上げ磨きをして完成です!

とは、今回はいきません。笑 Silverのシグネットリングに関してはマット仕上げでご依頼をいただいておりますので、一旦ピカピカにしてからそれを行います。

ピカピカに一度してからマット加工をする訳は、表面を綺麗に整えることでマット加工を均一に施すことができたり、カジュアルダウンせずに仕上げられるという理由からです。

マニアックな話になってしまいました。汗

これでいよいよ完成です!!!それでは完成写真をどうぞ(^^)

【Semi-custom made】Pair Octagon Signet Ring(9ct Yellow Gold&Sv925)_完成1

【Semi-custom made】Pair Octagon Signet Ring(9ct Yellow Gold&Sv925)_完成2

同じOctagonシェイプでも、素材も表面仕上げも違うので、ペア感がしっかり出るよう意識をしました。

【Semi-custom made】Pair Octagon Signet Ring(9ct Yellow Gold&Sv925)_完成3

お分かり頂けますかねー。本当に微妙な違いなんですけれども、Octagonの上下の辺の長さと横幅の違いを見比べてみてください。ゴールドの方が若干横幅があり、上下の辺も長くなるよう制作をしました。これをすることによって、ゴールドの方はより柔らかい印象に仕上がっています。

Octagon K9完成写真

奥さまがご着用くださる9ct Yellow Goldのシグネットリングは、先程お伝えした妄想や伺ったご着用シーンから、他のゴールドジュエリーと合わせても、こちらのシグネットリングだけが主張しすぎてしまうことがないように、控えめでありながらも存在感が出るよう意識して制作させて頂きました。

また、スラッとした指をされていらっしゃるので、Octagonを強調しすぎてしまうのでは強い印象になってしまいますし、せっかくの優しいお人柄をシグネットリングにも表したかったので、若干丸みを帯びコロンとした雰囲気に。

Octagon Sv925完成写真

旦那さまがご着用くださるこちらのSilver925製のシグネットリングは、表面のマット加工により、全体の印象がふわりと柔らかくなるので、スーツに合わせても格好良くなるよう、Octagonを強調したデザインに。

また、指の節がゴツゴツされている(僕がそうなんですけど)わけではないことや、男性らしい幅のある手をされていることからも、奥さまと同じような柔らかい雰囲気を演出してしまうのでは、可愛らしくなってしまうということでそのようにさせて頂きました。

Octagon Sv925完成写真2

マット加工とは言っても、光が当たるととろんと輝き、高級感が出るように。

Octagon Sv925完成写真3

裏面は鏡面仕上げで着け心地よく。実は表面も角などポイントを抑えてマット加工から鏡面へのグラデーションになるよう仕上げていたりもします。それによっても、マット加工でありながらキュッと締まった印象を与えてくれます。

【Semi-custom made】Pair Octagon Signet Ring(9ct Yellow Gold&Sv925)_完成4

二つのシグネットリングが向かい合って何か話してます。可愛い。

二つ揃っておめかししたら、いってらっしゃい!

2つ揃ってラッピング

今回オーダーくださったWさま、ご注文本当にありがとうございました!個性の出し方についてお任せを頂いていたこともあり、お手元に届くまでは喜んで頂けるかどうか心配もありましたが、「想像以上に感動しました!」とのお言葉、また、お二人のことを知っているかのような印象を完成したリングから感じ取って頂けたとのことで、本当に嬉しいです。このブログを読んで頂きお分かりかと思いますが、めちゃくちゃ妄想しました。笑 旦那さまも大絶賛で嬉しいです(^^)

また、1日着用されたご感想までありがとうございます!「指にも生活にも馴染んでいく感覚」。それを感じて頂きたかったんです!まさかそこまで感じ取って頂けるとは!たくさんご着用頂き、お二人だけのシグネットを刻んでいってくださいね。実は今までお見せできるような状態ではなかったのですが、お越し頂けるような工房計画が進行中ですので、その時は遊びにいらしてください!お会いできるのを楽しみにしています^ ^

それでは、素敵な素敵なご着用写真を送って頂きましたので、皆さんにもお裾分けです!

ペアオクタゴンシグネットリングご着用写真1

ペアオクタゴンシグネットリングご着用写真2

この写真を見てニヤニヤしてしまったのは言うまでもありません。

実はこちらのペアシグネットリングは、ご結婚記念日のお祝いでのご注文。

そんな大切な記念日にKUBUSにご依頼を頂けたこと、何と言っていいか、すごくすごく嬉しいです。嬉しいなんて簡単な言葉しか思いつかないくらいに嬉しいです。

ご結婚記念日おめでとうございます!

KUBUSにご依頼をくださる方、皆さんお一人お一人違った想いや意味を込めてオーダーをくださります。しかもそれは「きっとそうだ」という僕の推測なんかではなく、お伝えくださるんです。

単にジュエリーとしての形を作るだけであればそれを聞かなくても作ることは出来ます。でも、そんなつまらない制作ならKUBUSがやる必要はありません。いくら想いを大切にしているとアピールしていても、オーダーくださる方々がそれに賛同し、参加してくださらなければKUBUSのモノ作りは実現しません。それがこうして想いのキャッチボールや表現が、アートすることが出来ているんです。やらせて頂けているんです。

これって当たり前のことではありません。皆さんに会って直接お礼をしたいです。このたくさんの有り難い繋がりを大切にしていれば、きっといつかお会いできると信じてこれからも感謝を持って制作していきます。皆さん、本当に本当にありがとうございます。


KUBUS 斎藤柊真

【Gallery】【Semi-custom made】Pair Octagon Signet Ring(9ct Yellow Gold&Sv925)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です