toggle
2021-11-06

【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(9ct Yellow Gold(K9YG)) 「MN」

こんにちは。KUBUSの斎藤です。(KUBUSの読み方は「クーブス」ですよー。思い返してみると、読み方を紹介したのはもうかなり前だったので一応お伝えしてみました。笑)

段々と寒くなってきましたが、神奈川県は晴れていればお日様がポカポカと暖かです。先日、天気が良く「こりゃ外へ出なきゃ勿体ない!」と箱根へリフレッシュがてらドライブに行ってきました。

箱根の景色

奥に頭が出ている富士山が見えますね。箱根は工房のある伊勢原市から車で1時間もあれば行ける距離ということもあって、気軽なドライブコースとしてお気に入りです(^^)

ジュエリー制作は前屈みでひたすらに細かい作業の連続ということもあって、肩や背中や腰がいつもバキバキ。汗 たまにはこうして最高の眺めの中で息抜きをしないといけませんね。

今回紹介をするのは『9ct Yellow Gold(K9YG)』のOvalシグネットリング。OvalやOctagon等のシェイプの違いももちろんシグネットリングをお選び頂く上でとても大切なポイントですが、そのフェイスサイズも着けた時のバランスを左右する要素の一つです。

ご希望のご着用箇所(「小指」)と号数(「6号」)をお伝え頂き、そこからフェイスサイズのアドバイスをさせて頂きました。

今まで数多くのシグネットリングを制作させて頂いてきた経験から、「それなら「13mm×11mm」のフェイスサイズでしたら大き過ぎず小さ過ぎることもないバランスでご着用頂けるはずですよ〜」とお伝えしまして、それをご参考にお選び頂きました。

オーダーメイドであれば細かい部分に拘ることができるというのは当たり前のことと思われてしまうかもしれません。ですが、沢山の選択肢から選ぶことはできても、ジュエラーと直接相談をしながら決めることができ、そしてそれがシグネットリングに特化したジュエラーであることって実は珍しいと思います。

シグネットリングを追求して日々制作をしているKUBUSだからこそ、シェイプの違いだけでなく、こうしてその寸法に関することまで具体的なアドバイスができます。

また、「造型作業を行う」「手彫りをする」「デザインを描く」等々を分業することも珍しくないシグネットリングの制作現場ですが、KUBUSはそれら全てを僕が一人で行なっています。

それによってお届けまでにどうしても時間を要してしまいますが、このスタイルだからこそご着用くださる方にとってアイコンとなるような、特別な”signature(署名の)ring(指輪)”をお届けすることができると僕は信じています。

普段はこうした、一見「どうだ凄いだろ〜」と自慢しているようにも感じられることはあまり発信しないようにしているんですけどね。笑 たまにはアピールしなきゃなと思いまして。

シグネットリング作るならKUBUS。

このままだと止まらなくなりそうなので、制作へと進んでいきましょう。笑

トントンカンカンゴリゴリ。まずはシグネットリングを形作っていきます。

「Ovalシェイプ」でそのフェイスサイズは「13mm×11mm」号数は「6号」といった、伺ったご希望を形にするのはもちろんのこと、同じシェイプ同じフェイスサイズでも号数によって見え方が異なりますので、そのバランスが最適なものとなるように調整もしていきます。これもまたシグネットリングと毎日向き合っているからこそ、その最適解が分かります。

造型作業中の手元

もちろん指に吸い付くように気持ち良くご着用頂けるよう、内側も角を取って滑らかに。

そうして造型作業が無事に完了しました。

造型作業完了

いくつもの番手のヤスリを使って表面を研磨したらいよいよ彫刻台へセット。ご希望を伺いながらいくつかデザインを作成し、そこからお選び頂いたモノグラムを下書きしていきます。

MNモノグラム下書き

「MN」の2文字を組み合わせた紋章のようなデザインのモノグラム。華やかで威厳のある雰囲気になるよう意識をしながら、アルファベットが強く表れすぎないように細かくデザインを作り込んでいきました。

緻密なデザインなので下書きするのも一苦労でしたが、本当の勝負はこれから。

いよいよ刃を入れていきます。

もちろん一気に彫ることはできません。「まずはここ。続いてここ」と少しずつ彫り込んでいきます。

MNモノグラム手彫り途中

MNモノグラム手彫り途中_スタンプ

細かいデザインでしたが、無事に彫り終えることができました。

MNモノグラム手彫り完了

MNモノグラム手彫り完了_スタンプ

よーし、迫力バツグン!

真上から見ると分かりにくいかもしれませんが、角度を変えるとその彫りの深さがお分かり頂けるはず。

MNモノグラムを手彫りしたシグネットリングを斜めから

MNモノグラムを手彫りしたスタンプを斜めから

一息ついたら、仕上げ磨きをして遂に完成です!!!

【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(9ct Yellow Gold(K9YG)) 「MN」_完成

【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(9ct Yellow Gold(K9YG)) 「MN」_完成2

【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(9ct Yellow Gold(K9YG)) 「MN」_完成3

【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(9ct Yellow Gold(K9YG)) 「MN」_完成4

繊細でありながら迫力のあるモノグラムとその手彫りによって、ゴールドの持つラグジュアリーな雰囲気が更に高められた素敵なシグネットリングに仕上げることができました。

オーダーをくださったKさま、ご依頼本当に有難うございました!見た目の格好良さだけでなく、指馴染みの良さにまで気付いて頂けてとても嬉しいです(#^^#)これから沢山こちらのシグネットリングと一緒に過ごしてくださいね。その時間が長くなればなる程に身体や生活に馴染み、かけがえのない存在になってくれるはずです!

シグネットリングのデザインやその造型、モノグラムの作成やその手彫り等々、そこに込める一つ一つの細かな拘りは見た目にハッキリとは表れないようなことかもしれません。ですが、それらが積み重なることで、ご依頼くださるお一人お一人とKUBUSとだからこそ実現できるシグネットリングが姿を表します。

自分自身の拘りたいことの多さに時々めまいがすることもありますが、それがあるからこそKUBUSならではのジュエリーを作り出すことができ、それがご依頼くださる皆さんの感動に繋がり、それによって僕も笑顔になることができます。

その温かく幸せなサイクルこそKUBUSが発信し続けたい表現であり、存在意義です。

今回も最後までご覧頂きありがとうございました!またお目にかかりましょう。


KUBUS 斎藤

【Gallery】【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(9ct Yellow Gold(K9YG)) 「MN」

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です