toggle
2020-03-07

【Bespoke Order】Hand Engraved Square Signet Ring(18ct White Gold)ODE

こんにちは、KUBUSの斎藤です。今回のブログで紹介をするのはタイトルにもある通りシグネットリングなのですが、普段とちょっと違うところもあるのでよろしければ読んでいってください!

実は今回のご注文、最初からスクエアタイプのシグネットリングがご希望ということではありませんでした。お問い合わせ頂いた当初はオーバルデザインという予定だったのですが、ご注文くださった方がシグネットリングのシェイプを悩まれているとのことだったので、手の写真を見せて頂きご提案をすることに。

手の写真を拝見したところ、オーバルが似合わないということでは全くなかったのですが、手の雰囲気からするとスクエアタイプの方がお似合いになりそうだと感じたのでそのようにお伝えしたところ、スクエアタイプに決定!

ブログだとサラッと雰囲気で決めたみたいな感じですが、お問い合わせ頂いたことに答える時はもう少し論理的にやってますのでご安心を!笑

また、着用される指についてもご相談を頂いておりまして、これも手の写真を拝見した上でご提案を差し上げました。時々「シグネットリングは左手の小指に着ける決まりがあるんでしょ?」と聞かれることがあるのですが、いえいえ全くそんなことはありません!!確かに歴史的に見ると左手小指に着けられることが多いシグネットリングですがそうでない場合ももちろんあります。現代ではより自由に解釈されていますし、お一人お一人の好みやライフスタイルに合わせて身に着ける方が大切です。そして何より、決まった枠の中でしか楽しめないなんてそんなのつまらないですから。自由に、ご自分が一番良いと感じる指に着用し楽しんでください。

もちろん「このデザインだとどの指に合いそうか」というようなご相談、大歓迎です!!「自分で決めてよ」ということではなく、頭ごなしに”こうあるべき”と決めつけないで自由に楽しんで欲しいということをお伝えしたかったのです。分かりづらい文章かもしれませんが、何を伝えたいのかご理解頂ければ私斎藤嬉しく思います。

それでは今回のご注文について話を戻しましょう!続いては素材について。素材についてはデザインよりも前にご指定を頂いておりまして、K18WGで制作をしていきます!

皆さんはホワイトゴールドと聞いてどんな色を思い描かれるでしょうか?シルバーのような白っぽい銀色と考える方が多いかもしれません。実はホワイトゴールド製品の多くはロジウムコーティングと呼ばれるメッキが施されているんです。それはメッキを施さないとホワイトゴールドと言えども黄色味がかっているから。

これはジュエリー業界では当たり前とされているようなのですが、僕はそれに対して「んー。」と疑問を持っています。だってホワイトゴールドって高価な素材なんですよ。しかもメッキをかけていないホワイトゴールド無垢の色はシルバーにもイエローゴールドにもない独特の魅力を持っていて、他に変えがたい魅力があるのにメッキでそれを隠してしまうなんて勿体ないと思うんです。

尚且つ、最近のメッキは品質が良く簡単に剥がれることはないのですが、長くご着用いただくとそれでも剥がれてしまう可能性があります。これは、KUBUSがいつもお伝えしている「手元に届いた時が完成ではなく、着用することで完成に近づいていく」ということにメッキをかけることは当てはまりません。

よって、今回ご注文を頂いたK18WGもメッキをかけることはなく、無垢の、素材そのままの美しさを生かした仕上げをしていきます。事前にご注文くださった方にはこのような素材についての説明をしご理解頂いていたので自信を持って進めていきます!

ご注文をくださった方のご希望により、なるべく黄色味を抑えたK18WGで制作をしていきます。シェイプは以前制作をしたことがある、『Square Signet Ring』なのですが、号数も素材も、もちろんご着用くださる方も違うので、送って頂いた手の写真を見ながら細かいところまでしっかりと調整しながら制作をしていきます。指輪の名称が同じでもこのように一つ一つご注文くださった方のご要望に合わせて制作するので、厳密に言えばKUBUSで制作するジュエリー達はほとんどがオーダーメイドです。

ある程度制作が進んだところで、「あれ、ひょっとしてご注文の号数はあと+0.5号だけど、手の写真を見る限りだとこのサイズな気がする、、、。」という自分自身からのお告げが。笑 でも、こうした予感って結構大事なんです。今まで生きてきた中でそれを実感することって意外と多くあって。だからしっかりとその予感に従い、一度ご注文くださった方と会ってフィッティングをすることに。

「うん、やっぱり!!」+0.5号をせずに手を止めておいて正解でした!こういう予感は侮れないですね。皆さんも「あれ?」と直感的に感じた時は自分の心の声に耳を傾けてあげてくださいね。

そろそろ文章ばかりなの飽きてきました?笑

今回ご注文のシグネットリングはオリジナルモノグラムの依頼も頂いていたので、それを手彫りしていきますよ〜!下書きした姿がこちら。

【Bespoke Order】Hand Engraved Square Signet Ring(18ct White Gold)ODE_下書き

今回のモノグラムは「ODE」の3文字です。いくつかデザインをご提案した中からお好きなものを選んでもらいました!

手彫りする前には刃をピカピカに研ぎます。

【Bespoke Order】Hand Engraved Square Signet Ring(18ct White Gold)ODE_タガネ

刃のちょっとした角度の違いによって彫れ方が変わってしまうので、刃を研ぐ時も油断できません。

さぁ!いきますよ。一彫り一彫り。魂込めて刻んでいきます。ながく着けて頂いて傷がついてもモノグラムが消えないよう深さをつけて。ご注文くださった方がこのシグネットリングに込める想いとKUBUSの想いをひたすらに込め手彫りしていきます。

よーし、できました!!

【Bespoke Order】Hand Engraved Square Signet Ring(18ct White Gold)ODE_手彫り後

あとは仕上げ磨きをしたら完成です!!!

【Bespoke Order】Hand Engraved Square Signet Ring(18ct White Gold)ODE_完成

どうでしょう?シルバーとはまた違う独特の色味じゃないですか?深い銀色の中にふんわりとゴールドがかった色味はホワイトゴールドならではの魅力的な雰囲気です。手彫りしたオリジナルモノグラムがキラッと光ってさらにいい感じです。

【Bespoke Order】Hand Engraved Square Signet Ring(18ct White Gold)ODE_完成2

フェイス部分裏面には、ご注文くださった方の家紋を。(家紋はあまり大袈裟に出してしまうといけないかなと思ったのでこっそりとお見せしてみました。)ご本人から息子さん、またその先へとこのシグネットリングを継いでいきたいというご注文くださった方の想いがここにも隠されています。

また、腕部分裏面にはK18WGの品位表記を。世代を越えてご着用いただく際、サイズ調整をしても品位表示が残るようになるべくフェイス部分に近い箇所に打ち込みました。

こちらのシグネットリングは僕が直接ご注文くださった方にお届けさせて頂きました!完成した時「うん、格好良いのできたぞ!」と自信はあるのですが、着けて頂くまではどこかやはり心配です。

遂に指輪とご注文くださった方の初対面。ドキドキ。

サイズもピッタリ!!!喜んで頂くことができました!!はぁ〜本当に良かった。

記念に手元の写真を撮影させて頂きました。

【Bespoke Order】Hand Engraved Square Signet Ring(18ct White Gold)ODE_着用写真

一緒に着けていらっしゃる時計とトーンも合っていてもう既にスタイルに馴染んでいますね!

いつもこうしてご着用頂いている姿を見ていると、まるで指輪が笑っているようだと感じます。それを見てものすごく嬉しいのはもちろん、「俺の元にいた時はそんなに嬉しそうじゃなかったじゃ〜ん!」なんてちょっぴりジェラシーです。笑 指輪が笑ってるだなんて可笑しいんじゃないかと思いました?でも本当なんですよ。これを感じられるのは制作者だけの特権なのかもしれません。

でも、ながくご着用頂けばきっとご着用くださっている方にもその表情が見えてくるはずです。僕が制作している時に見ていたのとはまた違う表情が見れる日をを楽しみにしています。

今回ご注文をくださったOさま、本当にありがとうございました!!シグネットリングに込めたい想いを共有し一緒にそこを目指していく制作過程は、責任がありながらも僕にとってすごく刺激的で楽しい時間でした。途中フィッティングのご協力もありがとうございました!顔を合わせながら制作を進められたこと嬉しかったです。完成までにかなりお時間を頂いてしまいましたが、優しくお待ちくださったことも本当にありがとうございます。OさまとKUBUSとの熱い想いが込められた特別なシグネットリング、これからの歴史を刻んであげてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました!!


KUBUS 斎藤

【Gallery】【Bespoke Order】Hand Engraved Square Signet Ring(18ct White Gold)ODE

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です