toggle
2019-09-25

ご注文品【Regular item】yugami+dakon ring(Sv9999)の制作

最近はオーダーメイドでのご注文が多かったのですが、久しぶりにKUBUSがレギュラー展開しているデザインの制作をさせて頂きました。

在庫をほどんど持たずに、受注してから制作をするというのがKUBUSのアクセサリー制作の基本スタイルです。なので、”レギュラー展開しているデザイン”とは言っても、地金を切って叩いて削って磨く「地金加工」で”ご注文頂いた方の手に合わせて制作をする”のは、オーダーメイド品の制作と何ら違いはありません。

今回ご注文頂いたのは『yugami+dakon ring(Sv9999)』。KUBUSで制作している指輪のデザインの中では比較的華奢なデザインですが、スリムなデザインの中にyugamiとdakonという、シグネットリングやpukkuデザインに次ぐKUBUS製リングの顔になっている2つのデザインを盛り込んだ我がまま仕様なんです。オーダーメイドでご注文頂く時に、yugami+dakon ringを参考にしてくださり連絡を頂くことも少なくありません。

ゆがみのあるシルエットは、僕が思った方向にゆがませるというよりも、ひとつひとつの地金とにらめっこをして、「こっちに行きたそうだな」「こっち行かせてあげれば自然で綺麗だな」と感じる方へと背中を押してあげるようなイメージで制作をしています。無理にゆがませてしまうとどこか不自然なシルエットになってしまいますし、その不自然さが着用時にガクガクッと違和感を感じる原因になってしまうと僕は考えています。ひとつひとつの地金によって違う個性を大切にしながらつけたyugamiは不思議と「このくらいが丁度いい!」という塩梅でゆがんでくれて、着用の邪魔にならず、むしろ快適に着用できるよう一役買ってくれるんです。

dakonについてもちょっとしたミソがあります。後から槌目加工でつけるのではなく、リング形状にするために金槌で叩いた時についた質感を残して制作をしています。そのため、KUBUSでは一般的に言われる”槌目リング”とは区別して”dakonリング”という名称にしています。(dakonとは別デザインで、『tsuchime』と名のつくデザインの制作もしてます。)

前置きが長くなってしまいましたね。それでは、今回制作をさせて頂いた『yugami+dakon ring(Sv9999)』をご覧ください!

Regular item】yugami+dakon ring(Sv9999)blog
Regular item】yugami+dakon ring(Sv9999)blog2
Regular item】yugami+dakon ring(Sv9999)blog3
Regular item】yugami+dakon ring(Sv9999)blog4

地金が行きたい方向へと背中を押してつけたyugamiと制作時に自然とつくdakonという、あくまでも地金手動で導き出したナチュラルな指輪。地金の我がままを大切に作ったはずなのに、しっとり指にスッと吸い付くような感触へと仕上がっているのは、「なんだかちょっとした魔力では!?」と僕は感じてしまいます。笑

今回ご注文くださったのは、KUBUSが洋服メインで活動していた時からのKUBUSフリーク!KUBUSがどんな姿になっても応援をしてくださり僕はいつもパワーを頂いています。

Regular item】yugami+dakon ring(Sv9999)blog5

Iちゃん、これからもKUBUSに注目していてください!もっともっと多くの方が自分の好きなことに素直に、他の人の好きなことに寛容に、そんな優しく温かくも良い刺激に溢れるような空間をKUBUSが作れるように頑張っていきます!いつも本当にありがとうございます!




最後まで読んで頂きありがとうございました!今回ご注文頂いた指輪の制作映像を作りましたので、もし宜しければ下記よりご覧ください!




KUBUS 斎藤


yugami+dakon ring(Sv9999)制作映像

【Gallery】【Regular item】yugami+dakon ring(Sv9999) [September 2019]





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です