toggle
2019-10-21

登場!!Hand Engraved Signet Ring(KUBUS Original Monogram)

こんにちは。KUBUSの斎藤です。

今回は、指輪制作を始めるキッカケであり、制作をしていく上での一つの目標でもあったことをようやく皆さんにお見せできるようになりましたので、紹介させて頂きます。

それがこちら!

hand engraved signet ring blog
hand engraved signet ring blog2
hand engraved signet ring blog3

Hand engraved signet ring(手彫りされたシグネットリング)

今までも、ご注文頂いた方からの要望があった場合にイニシャル等を手彫りした指輪を制作してきました。ですが、アルファベットのフォントをこちらでアレンジして提案させて頂いたり、ご希望のフォントで手彫りするということはあったのですが、こちらのようにアルファベットを組み合わせたモノグラムをデザインし、それを施すというのはまだ行なっておりませんでした。

実はこのモノグラムの手彫り、指輪制作を始めた頃からずっとやりたかったんです。

作業は”タガネ”という道具を使用し彫り進めていきます。(KUBUSではタガネの中でも、洋彫りタガネ(先程の写真の後ろにうっすら写っている道具)を使います。)

これがとてつもなく難しい。練習を始めた頃はいくらやってもただの引っかき傷のようなものしか彫れない状態が恐ろしく長く続きました。時には力を入れ過ぎて空振りし、彫刻台をコントロールしている左手をグサリと刺してしまうことも、、、。

「一気に上手くなっちゃつまらない」と自分に言い聞かせ、ご注文品や新作制作の合間を縫って練習を重ねてきました。傷から点へ、点から線へ、線から文字へ、文字からアートへ、少しずつ少しずつイメージに近いものが彫れるようになっていきました。ようやく、シンプルなアルファベットであればご注文頂いた方に喜んでもらえるクオリティで施せるようになり、その後遂にモノグラムを手彫りしたものを発表することに相成ったのです。

もちろん、シグネットリング自体のシルエットも重要です。これに関しても今回の発表に向けて、数年の間水面下で準備を進めていました。

まずは、シグネットリングのシルエット。以前のブログにも書きましたが、シグネットリングのどこをとっても微妙なサイジングの違いで全体の雰囲気が良くも悪くも大きく変わってしまいます。理想的なシルエットを探し求め、歴史的背景を調査するとともに、600年以上前に作られたシグネットリングから現在制作されている物まで、あらゆるシグネットリングをインターネットはもちろん、博物館発行の文献や、実際に日本でシグネットリングを制作されている職人の方の所に伺うなどし、その体験をもとに「KUBUSで作るならこうかな」とその研究を繰り返し行っておりました。

しかし、理想的なシグネットリングの完成形を頭の中に浮かべることはできても、実際に制作するとそれとはどこかズレが生じてしまう。何度も頭を抱えました。しかし、そんな中でも試作に試作を重ね続けることでようやく思い描く理想のシルエットを再現できたのです。それが、以前発表をした『Brass×Silver Combination Signet-ring』でした。このシグネットリングはフェイス部分にピッタリとはめた真鍮素材の経年変化を主役にしたかったので、表に手彫りをすることは想定していないのですが、この指輪によってKUBUS製シグネットリングのベーシックスタイルを確立することができたのではないかと思います。

そして、そのシルエットを鋳造製法を用いるために再アレンジして発表したのが、先日公開の【Regular item】 Oval Signet Ring『最高のシルエットと着け心地のシグネットリング』

これに手彫りで彫刻したものが今回の主役『Hand Engraved Signet Ring(KUBUS Original Monogram)』なんです。

もちろん、先ほどお伝えしたようにシルエットにこれでもかとこだわっているので、フェイス部分に彫りを入れないプレーンな状態もセクシーで魅力的です。でも、やはりシグネットリングを語る上でフェイス部分を飾る彫刻を無視するわけにはいきません。

彫刻方法にはレーザーで彫る方法や、手彫りであっても電動の工具を使う場合もあります。どれが良い悪いということではありませんが、KUBUSでは全くの手彫り、電動ではなく人力で彫り進める方法を採用しています。その理由は、電動工具ではなく人力で彫ると柔らかく温かい印象になるから。そして、僕が指輪制作を始めた頃から今まで魅了され続けているシグネットリングに手彫りしていた、あの時代の職人に近づきたいという想いから。

その手彫りで表現をするモノグラムは、もちろんKUBUSオリジナルデザイン。ご希望のアルファベット1〜4文字(それ以上の文字数をご希望の場合もまずはご相談ください。)をモノグラムデザインさせて頂きます。※モノグラムは一般的には2文字以上を組合せ図案化したものを言いますが、ここでは便宜上1文字であってもモノグラムと表現しております。

hand engraved signet ring blog4
hand engraved signet ring blog6

hand engraved signet ring blog5

共に「S,M,P,T」の4文字をモノグラムデザイン

〈モノグラム手彫り費用(デザイン料込)〉

  • 1文字・・・¥4,000+tax
  • 2文字・・・¥5,000+tax
  • 3文字・・・¥5,500+tax
  • 4文字・・・¥6,000+tax

ご自分のイニシャルや、大好きなパートナーやご家族、モットーとしている言葉など、皆さんが大切に想っていらっしゃることを表すモノグラムを由緒あるシグネットリングに乗せて大切にお届けします。

ご注文やお問い合わせ、お気軽にご連絡くださいませ。

※この記事で掲載した指輪は9ctGoldを使用していますが、SterlingSilverや真鍮等への手彫りも可能です。

最後まで読んで頂きありがとうございました!





KUBUS 斎藤

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です