toggle
2020-06-01

【Semi-custom made】The My Way×KUBUS Hand Engraved Oval Signet Ring(9ct Yellow Gold) RO5

こんにちは、KUBUSの斎藤です。

今回ご紹介するシグネットリングは、KUBUS製品をお取り扱い頂いている広島県の最高に素敵なお店『The My Way』さんにご来店くださりご注文を頂いたお品です!

オーダーくださった方とThe My Wayさん、そしてKUBUSとのスペシャルコラボレーション。ん〜嬉しいですね(^^)

デザインはシグネットリングといえばこれ、『Ovalシェイプ』。素材は9ct Yellow Gold(K9YG)。手彫りモノグラム彫刻は「RO5」の3文字といったオーダー内容。

あれ?と思われた方いらっしゃいますかね?そうなんです、モノグラムは数字でも可能となっております!イニシャルとラッキーナンバーとをモノグラムにするなんてこともできますので、お気軽にご相談頂ければと思います!

それでは、制作作業の紹介へと移っていきましょう。

いつものように様々な種類や番手のヤスリを使い、成型しつつ手彫り段階手前までのツルツル状態へ仕上げていきます。

ヤスリがけ後

続いてはシグネットリング作りのメインイベントの一つ、手彫り。事前にご提案し選んで頂いたモノグラムデザインを下書きします。

モノグラム下書き

いかがでしょう?R、O、5となっているのがお分かり頂けますでしょうか?手彫りした後だと、彫ったところがキラッと反射し、何を使ったモノグラムなのかが分かりにくいかもしれませんが、この下書き段階だと比較的分かりやすいかな。

まずは、下書きした線をなぞるように表面彫り。

タガネと呼ばれる彫刻刀のような道具を手に握り、押し彫っていきます。

表面彫り

その後は迫力が出るよう深さをつけていきます。

深彫り

彫れました。

深さをつけて彫るワケは、迫力が出るようにということもあるのですが、もう一つ大切な理由があります。

それは、長くご着用頂いても消えてしまうことがないように。

深彫り2

アンティークのシグネットリングを見てみると、モノグラムが消えかかってしまっていることが結構多いんです。それを解消するためには、「やっぱり彫りの深さだろう」ということでそのようにしております。

深さをつけた手彫りが完了したら仕上げ磨きをして、制作作業は終了です!

それでは、完成した姿をどうぞ!!

【Semi-custom made】The My Way×KUBUS Hand Engraved Oval Signet Ring(9ct Yellow Gold) RO5_完成1

【Semi-custom made】The My Way×KUBUS Hand Engraved Oval Signet Ring(9ct Yellow Gold) RO5_完成2

【Semi-custom made】The My Way×KUBUS Hand Engraved Oval Signet Ring(9ct Yellow Gold) RO5_完成3

9ct Yellow Goldの淡いゴールドが爽やかで綺麗ですね。前回のブログでご紹介したシグネットリング(【Bespoke Order】Hand Engraved Mellow Square Signet Ring(18ct Yellow Gold) 「SO」)が18ct Yellow Goldでしたので、今回はせっかくですからその色味の違いが分かりやすいように、ほぼ同じ時間帯、同じカメラの設定、同じ種類の背景で撮影をしています。ちょいと並べてみますね。

9ct Yellow Gold18ct Yellow Gold

いかがでしょうか?18ct Goldの方が黄色味が強いことがお分かり頂けるかと思います。それに比べ9ct Goldは少しオレンジがかったような感じ。

その理由はそれぞれの組成を知ることで紐解くことができます。

まず、今回のブログでご紹介している9ct Gold。こちらは37.5%が金、31.3%が銀、31.2%が銅といった組み合わせでできています。

それに対して18ct Goldは、75%が金、15%が銀、10%が銅から成っています。

ここで注目して頂きたいのが金と銅の配合比率。9ct Goldは18ct Goldに比べ金の配合率が低く、銅の配合率が高いことが先ほどの説明からお分かり頂けるかと思います。

金は黄色味が強い金属ですから、その配合率が高い18ct Goldは黄色味が強いゴールドになります。それに対して橙色系の金属である銅の配合率が高い9ct Goldは、少しオレンジがかった金色になります。ただ、あくまでも主成分は金ですから、オレンジがかったといってもそれは強い色味ではなく、淡く爽やかな印象を受けます。

ゴールドジュエリーらしい金色がお好みの方は18ct Goldを、爽やかでさりげないトーンのゴールドがお好きな方は9ct Goldをお選び頂くのが良いかなと(^^)

あっ!一つだけご注意をお願いします。先ほど紹介した金の説明については、そのお店によって割金と呼ばれる主成分以外の金属(今回のK9やK18であれば銀や銅)の比率が異なる場合がありますので、細かい数値について気になった方はそのお店に聞いてみてくださいね。KUBUSで扱っているK9やK18は先ほどお伝えしたようになっているということで。

でも、先ほどご紹介した配合率は何もKUBUSオリジナルなものではなく、一般的に広く普及しているものですので、多くの場合に当てはまるかと思います〜!

今回のシグネットリングのご紹介でまだお見せしていない大切なこのカット。リング裏面にはThe My Way×KUBUSの証。

【Semi-custom made】The My Way×KUBUS Hand Engraved Oval Signet Ring(9ct Yellow Gold) RO5_完成4_リング裏面ロゴ刻印

「制作中、あんなことやこんなことがあったな」と懐かしさを噛みしめつつラッピングをしたら、いよいよ広島へいってらっしゃい!!気に入ってもらえますように。

ラッピング

The My Wayさんにてご注文をくださったOさま、本当にありがとうございました!!シグネットリング気に入って頂けたら嬉しいです。いつか着けてくださっている姿を直接見られたらと楽しみにしています!(^^)

今回も最後までご覧頂きありがとうございました!


KUBUS 斎藤

【Gallery】【Semi-custom made】The My Way×KUBUS Hand Engraved Oval Signet Ring(9ct Yellow Gold) RO5

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です