toggle
2020-09-08

【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(Sv925) 「DN」

こんにちは。KUBUSの斎藤です。

ちょいと久しぶりの更新になってしまいました。汗 実は先日胃腸炎になってしまいまして、高熱も出てヒーヒー言っておりましたのです。熱が下がった後も腹痛がなかなか治らず、集中する作業なんて何も出来ないよという状態でした、、、。やっぱり健康は大切ですね。皆さんもお気を付けくださいね。

今は無事に快復しまして、止まっていた分を取り返すべくやっております!ご注文をくださっている皆さん、今しばらくお待ちくださいませm(_ _)m

それでは、オーダー頂いたシグネットリングの紹介をしていきますよ〜!

今回のご依頼は、以前にもKUBUSでシグネットリングの制作をさせて頂いた方の彼女さんからでした。

彼氏さんが着けてくださっているのを見て「着けたい!」と思ってくださったそうです。いやー。嬉しいですね。

今までペアでということでご注文を頂くことはありましたが、一つお届けをした後にもう一つ作ってペアにということは初めての経験。また一つKUBUSの輪が広がった感じがして嬉しいです(^^)

ただ、制作をしていく上で難しいことがあるのです。オーダー内容は「Ovalシェイプのシグネットリング」「素材はシルバー925」「手彫りモノグラムはDN」「モノグラムデザインは彼氏さんご着用分と同じもので」。

これだけ見ると「何が難しいの?」と思われてしまうかもしれません。ところがどっこい。同じデザインを彫るって意外と大変なのです。

こちらが彼氏さんご着用分を制作させて頂いた時のブログです。よろしければ併せてご覧ください!

【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(9ct Yellow Gold) 「DN」

ペアシグネットリングでご注文頂いた際は、同時進行で二つの指輪の制作を進めていくため、手彫りをする時も、一方を間近で見ながら彫りの深さや幅を揃えていくことができます。

ですが、今回は手元にペアの相方がいらっしゃいません。これがちょいと難しいのです。

でも大丈夫!完成した時に撮影した写真と、その時の記憶と手の感覚を頼りに制作をしていきます。

シグネットリング本体は、ペア感を意識するというよりは号数に合わせた造型をすることを意識していきます。同じOvalシェイプでフェイスの寸法が同じでも、号数によって全体の見え方は変わってきます。大きくなればなるほど腕部分が横に張り出していきますので。

その見え方を制作号数に対して最も素敵になるような調整を各部に施しながら、そして快適に着けていられるように。

シグネットリングのデザインや二つの間での号数の違い等によっては、ペア感もすごく意識しなければならない場合もあるんですけれども、それについてはかなり感覚的なお話になってしまうので、そっとしまっておきましょう。笑

いけないいけない!またもや文章過多になってしまっていますね。

インスタでは写真載っけて多くは語らずクールを決め込んでいるんですが、このブログに関してはもっとローカルなKUBUSを楽しんで頂きたいと思っているので、このようにギュギュッとKUBUS濃いめでお送りしておりますことお許しください。笑

とは言え、流石にあれですよね。そろそろ写真いきましょう!

手彫り前研磨完了

号数に対して最適なバランスで調整しながら制作したOvalシェイプのシグネットリング。造型作業完了後、表面を研磨してある程度ツルッとなったところで手彫りへと作業は移っていきます。

シグネットリングを彫刻台にセットしたら、「DN」のアルファベットを使ってデザインしたモノグラムを下書き。

普段は作成したデザイン画を見ながら下書きをしていきます。でも、今回は以前制作させて頂いたシグネットリングのペアリング。デザイン画と共に前回制作させて頂いた際の写真も確認しながら下書きをしていきました。

モノグラム下書き

KUBUSではこの下書きをかなり重要視しています。何となくアウトラインだけ下書きして彫ってしまうビックリ職人もいるようですが、下書きをしっかり行うことで、彫っている時は彫ることだけに集中できます。だから僕は下書きをキチッと時間をかけて行います。時には下書きだけで1日が終わってしまうこともあるくらい。(あれ?これ前にも書いたかもしれません。笑)

下書きができたら、いよいよ手彫り開始!

まずはタガネの刃の調子を確かめつつ浅彫り。

DNモノグラム浅彫り

そして、線と線の重なり方や太さや深さ、彫った箇所の光の当たり方を意識しながら深く彫り込んでいきます。

よしっ!彫れた。

DNモノグラム深彫り

更に細かい番手で研磨をして、仕上げ磨きをしたら完成です!!

【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(Sv925) 「DN」_完成1

【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(Sv925) 「DN」_完成2

【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(Sv925) 「DN」_完成3

シーリングスタンプをするとこのような感じ。

【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(Sv925) 「DN」_シーリングスタンプ

線がどのように重なっているのかが分かりやすいですね(^^)

Nさま、彼女さんがご着用くださるシグネットリングのご依頼ありがとうございました!!お二人で着けてくださっている姿を想像しながら制作をさせて頂きました。彼女さんも大喜びというご報告を頂けて思わずガッツポーズです!デザインは同じでも味の出方はそれぞれ個性があるはずですので、”ペアシグネットリングならではの個性”というのもお二人で楽しんでもらえたら嬉しいです(^^)本当にありがとうございました!

今回も最後まで読んでくださりありがとうございました!それではまた!


KUBUS 斎藤

【Gallery】【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(Sv925) 「DN」

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です