toggle
2019-10-14

【Semi-custom made】utakata-ring wide ver. (Sv925)

今回は一からのオーダーメイド制作ではなく、今までKUBUSで制作してきたデザインを一部カスタムして制作するセミオーダーでのご注文を頂きました。

ベースになるのは『utakata-ring』。細かい泡が集まり、ゆらめきながら形を変えていく一瞬を切り取ったようなデザイン。

utakata-ring blog

レギュラー展開しているutakata-ringは華奢で細めのデザインなのですが、今回は「これよりも少し太めなシルエットで。」とのご注文。

ご注文くださった方の手を拝見し、着用予定の指と、すでに着用されている他の指輪とのバランスを見て完成形をイメージします。少し太めという指定はありましたが、何ミリ太くするのかというのはお任せ頂けました。

よし!完成形のイメージが出来たので制作開始です。

素材はレギュラー展開しているutakata-ringと同じくSterling silver(Sv925)を採用。

ここで、「Sterling silver」について少しご紹介。KUBUSでよく出てくるこの言葉。他のブランドでも目にしたり耳にされたことがある方も少なくないと思います。実は、「Sv925(Silver925)=Sterling silver」ではないんです。

Sterling silverとは、銀92.5%・銅7.5%の2元銀合金のことを言います。これは、Ea sterlingと呼ばれる貨幣鋳造家が銀貨のために考え出した配合で、これを英国に伝え、この品位をSterling Silverと呼ぶようになりました。英国では1300年に標準品位となり、現在は法定品位とされています。つまり、銅以外の割金を加えた場合Sterling Silverの表示は不当表示となり、銅以外の割金が入っている場合はAg925表示を用いるというルールがあります。(参考文献:井島貴金属精錬株式会社HP)

KUBUSで使用しているSv925製品は、全てこの銀92.5%・銅7.5%の2元銀合金を使用しており、Sterling silverと呼ばれる品位です。同じSilver925の中でも種類が色々あるんだなというのをご理解頂ければ(^ ^)

なんだか小難しい説明が入ってしまいましたが、制作過程の説明へと話を戻します。

まずは、そんなSterling silver(Sv925)の地金から必要な分を切り出し、丸めてロウ付け(溶接)をします。

utakta-ring wide ロウ付け後

ロウ付けするために楕円にした形状をトントンカンカン叩き、サイズ調整をしながら円にしていきます。

utakta-ring wide ロウ付け後2

これで土台ができました。utakata-ringのあの柔らかな雰囲気を出すためには様々なポイントがあるのですが、「太めデザインでもそれを表現するためには、、、」などと考えながら手元のただ丸くしただけの指輪とにらめっこ。んー、ダメです。考えていても分からないので手を動かしてしまいましょう。

何種類ものヤスリを使い分け徐々に徐々に追い込んでいきます。削りすぎてもいけませんし、削らなすぎても表現はしきれません。ギリギリで絶妙なラインを目がけて、でも狙いすぎて不自然さが出ないようあくまでも地金の意思を尊重しナチュラルさを大切に。

ふー。粗削りですが成型作業はこれでようやく完了です。

utakta-ring wide 粗削り

ここからは、様々な番手の紙ヤスリを使って表面をこれでもかと滑らかに、utakata-ringたらしめるための作業へと突入です。外側は勿論、内側についても何度も感触を確かめながら。

ピカピカに鏡面仕上げをしてから、外側のみ艶消し加工を施し最後の味付けをして遂に完成です。

utakata-ring完成
utakata-ring完成2
utakata-ring完成3
utakata-ring完成4

特製の指輪ケースに収め、制作年月と「made by kubus」の文字を手彫りしたプレートを添えてキュッと紐でくくっておめかし完了。

utakta-ring包装

今回も直接お渡しできることになりました。やっぱり渡して着けて頂くまではドキドキです。

対面して頂く瞬間の表情を本当はじっくり見ていたいのですが、何だか照れくさくて直視できません。笑 デザインも着けた様子もすごく気に入って頂けました!はぁー、良かった!

他に着用されていらっしゃった指輪がゴージャスな雰囲気だったので、ナチュラルなutakata-ringが浮いてしまわないか心配だったのですが、そんな心配はよそに、「この瞬間を待ってたよ」と言わんばかりの素敵な表情をutakata-ringが見せてくれました。

着用写真を撮影させて頂きましたので、皆さんにもおすそ分け。

utakata-ring着用写真

今回ご注文くださったEちゃん、多くの部分をKUBUSにお任せしてくれてありがとうございました!制約が少ない分僕なりに自由に、「きっとこうしたら似合うだろうな」とワクワクしながら制作を進めることができました。utakata-ringのナチュラルな雰囲気がEちゃんの優しい雰囲気にとてもフィットしていてすごくすごく素敵です。『世界で一つの指輪』というお言葉、KUBUSでいつも大切にしていることの一つなので、感じ取って頂けて本当に嬉しいです。ありがとうございます!


最後まで読んで頂きありがとうございました!


【Gallery】【Semi-custom made】utakata-ring wide ver.(Sv925)





関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です