toggle
2018-11-06

オーダーメイド真鍮ペアリング

先日、僕が会社員時代の後輩から「ペアリングを作って欲しい」とお話を頂き製作を致しました。

世の中にはブランド価値があるようなお店がたくさんあるにも関わらず、KUBUSを選んでもらえるなんて、、、。
「俺なんかが二人の記念となるような指輪をつくっていいのか?」「だけど嬉しすぎる」「でも受けて大丈夫なんだろうか」「けれど是非作りたい。」

うわーーーーーーーーーーーーー!!!!!

「よし作ろう。」

こんな感じであまりの嬉しさにかなり舞い上がってしまいました。笑

デザインお任せと指令をもらったので、初めて指輪のデザインを紙に描き起こし打ち合わせを行いました。
そのデザイン案がこれです。

下手くそですね。汗

せっかくのペアリングなので、ペアリングらしい意味を込めたデザインに。

無事デザインOKをもらいまして、いざ製作開始。

真鍮六角ナットから削り出していくのですが、上記のデザインを実現するためには、ただ六角形の内2つの角を落とせば良い訳ではないんです。

単に二つの角を削り落とすだけではこんな風になってしまうため、回りくどい方法ではありますが、一旦六角全てを取り除き丸にしてから、削り出しで四つの角を出現させるという方法で製作をしました。

そのようにして完成した指輪がこちら。

brass pair ring

brass pair ring

「せっかくのペアリングなのにどこにでも転がってるようなナットから作るなんて」と思う方がいるかもしれません。
ですが、せっかくのペアリングだからこそだと思います。

カップルとして一緒にいるのは、”特別ではないことでもその人とだと特別に感じるから”ではないでしょうか?

そのままでは道具としてしか扱われないナットが形を変えてアクセサリーとなる。
それは、”特別ではないものが特別になる”ということ。

当たり前の幸せを大事にし続けたい方にとって、ナットリングはぴったりだと僕は思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

様々な角度からの写真をご確認頂けるGalleryページはコチラ

KUBUS斎藤

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です