toggle
2020-02-22

【Semi-custom made】The My Way×KUBUS Hand Engraved Oval Signet Ring(Brass) TMW

こんにちは、KUBUSの斎藤です。今回紹介をさせて頂くのは、KUBUSでレギュラー展開をしているThe シグネットリングといえばこれ、【Regular item】 Oval Signet Ring『最高のシルエットと着け心地のシグネットリング』にオリジナルモノグラムの手彫りを施したシグネットリングです。

ご注文くださったのは、今回のタイトルにもなっています、広島県のテーラーショップ「The My Way」のテーラー清水さん。去年の11月にお誘い頂いたThe My Wayさんの周年記念パーティの時に前回のブログで紹介をした『Semi-custom made】The My Way×KUBUS Hand Engraved Octagon Signet Ring(Sv925) M7&more』と共にご注文を頂いていました。

ご依頼内容は、「Oval Signet Ring」、「素材はBrass(真鍮)」、「The My Wayの頭文字TMWのモノグラムを手彫り」、「リング肩部分にワンポイントの手彫り」。

KUBUSではレギュラー展開をしているデザインであっても、号数等によって各部の加工を微調整しています。それは一見どこが違うのか分からないレベルなのでやらなくても良いことなのかもしれません。また、言葉にできるほどの違いではなく本当に微妙なニュアンスの違いなので、僕自身もここが違うというのは言葉にも表しづらいほど。

それでもわざわざそこに手間をかけるのは、気持ち良く着けて欲しいからです。手間を省いて効率化させることも一つの手なのかもしれません。でも、自分が作ったものに自信を持って届けたいですし喜んでもらいたい。きっと一度妥協をしてしまうと、し続けてしまうような気がして不安なんです。だからしたくない、それだけです。

おっとアツくなってしまいました。The My Wayの清水さんとは直接お会いしているので、手の雰囲気はもちろん、清水さんのスタイルに合わせ各部を微調整。

そして、シグネットリングといえばフェイス部分への彫刻は重要なピースです。まずは、そこに彫るためのモノグラムをデザイン。

TMWはお店の頭文字ですので、お店の雰囲気をモノグラムへ込めてデザインしていきます。何パターンか提案しこちらのデザインに決定!

モノグラムデザイン

KUBUSでは2~3パターンのモノグラムデザインをお伝えしているのですが、ご希望のアルファベットが同じ方同士であっても異なるデザインをご提案しています。つまり、2~3パターン提案した中から決定し、残りのデザインはボツということです。使い回しはしません。

なぜそんなに面倒なことをわざわざするのかと時々聞かれることがありますが、僕がモノグラムデザインする時はご希望を伺いながらその方のためにデザインをするから。

それを使い回してしまうということは他の誰かのためにデザインしたものをその人のものにしてしまうということです。シグネットリングは着用される方を表すアイテムの一つとして存在していなければその意味が薄れてしまいます。イニシャルは同じでも着ける方は違いますから、同じデザインにしてしまうことに対して僕は違和感があるんです。

その自分に課すレベルの高さにモノグラムデザインが捗らず、「あぁ、ついに俺のクリエイティビティは枯渇した。」と感じてしまうほど追い込まれてしまうことが多々ありますが、それでもやります。それをやらなきゃKUBUSの天井はあっという間に迫ってきてしまいますし、シグネットリングでてっぺんを取ることはできませんから。

おっと、またアツくなってしまいました。

デザインが決まったので手彫り開始です!彫り始めはタガネが滑ることがないよう細心の注意をはらいながら。徐々に形が見えてきたところでタガネを使い分けぐんぐん彫り込み、深く深く。

深彫りをするのは、長くご着用頂いて指輪に傷がついてもモノグラムが消えてしまわぬようにするため。もちろん、浅彫りにする方が何倍も楽なのですが、せっかく傷がついて味が出てきたシグネットリングのモノグラムが消えてしまったら悲しいじゃないですか。着用する方それぞれの生活で傷がついてシグネットリングはよりオリジナルなものになるとKUBUSでは考えていますので、手彫りの深さもこだわりの一つです。

そもそも深さはもちろん、手彫りにここまでこだわっている職人は少ないと思います。電動エングレービングマシンが主流の現代ですが、ご注文くださった方の想いや僕の想いを込めるのに機械の力は借りたくないんです。モノグラムデザインも手書きで行っていますし、手彫りでないとその想いやデザインを再現することはできないんです。機械を否定する訳ではありません。電力を使って彫った方が手間がかからないですし、その分コストも抑えることができます。

でも、やりたくありません。

KUBUSが採用している完全人力の手彫りは危険だってあります。刃が滑りコントロールが効かなくなれば、せっかく完成間近の指輪が台無しになることもあれば、彫刻台を押さえている左手を突き刺し怪我をする可能性だってあります。現に僕の左手は傷だらけです。手彫りのイロハを知らなかった頃に突き刺してしまい何度も血を流しました。

そんな思いをしてまで完全人力の手彫りに拘るのは、誰かができることをわざわざ僕がやることに意味を感じないから。KUBUSでしかできないことをして着用する方に喜んで欲しい。そしてその周りの人に「それめちゃくちゃイイじゃん!」と思わせたい。喜んだりびっくりしてくれる顔が見たいんです。笑顔が見たいんです。そのためならいくら痛い思いをしても構わないという覚悟を持ってやっています。

価値観を押しつけるようで普段は”良いか悪いか”ハッキリと言うことを避けてしまうことも多いのですが今回は言います。

これでもかと拘り抜いて制作したシグネットリング本体と二つと同じものが無いオリジナルモノグラム、そして完全人力の手彫り。この組み合わせが持つ魅力は物凄いですよ。この掛け算がバチッと決まった時、良い物にならない訳がありません。

そろそろ完成した姿見たいですよね。笑 それではどうぞ!!!

【Semi-custom made】The My Way×KUBUS Hand Engraved Oval Signet Ring(Brass) TMW_完成1

シグネットリング肩部分にワンポイントで手彫りした「Ⅴ」の文字は、KUBUSとThe My Wayさんとが出会った、The My Wayさんの5周年記念パーティに感謝と御祝を込めて。

【Semi-custom made】The My Way×KUBUS Hand Engraved Oval Signet Ring(Brass) TMW_完成2

【Semi-custom made】The My Way×KUBUS Hand Engraved Oval Signet Ring(Brass) TMW_3

裏面にはもちろん、The My WayさんとKUBUSとの力強いタッグの印を。

前回のブログでもお見せしましたが、The My Wayの清水さんが着用してくださっている姿をどうぞ!

清水さん着用写真4

清水さん着用写真2

清水さん着用写真3

やっぱりシグネットリングは着けてこそ最高に格好良い。

神奈川県と広島県、距離は離れているかもしれませんが、KUBUSのシグネットリングを着けていればいつでもそばに感じパワーをもらうことができます。まだまだこれからな僕が言うのはおかしいかもしれません。でも、同じ物作りをする仲間としてこれからもよろしくお願いします!共に突き進み突き抜けていきましょう!The My Wayの清水さん、いつも本当にありがとうございます!!

最後まで読んで頂きありがとうございました!


KUBUS 斎藤

【Gallery】【Semi-custom made】The My Way×KUBUS Hand Engraved Oval Signet Ring(Brass) TMW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です