toggle
2021-08-12

【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(Sv925) 「Y、天秤、剣」

こんにちは。KUBUSの斎藤です。

晴れた日はすごく暑いですね。去年の夏に壊れてしまった車のエアコン、ヒーヒー言いながら我慢して乗ってましたが、もうこれ以上は無理だよと修理に出しまして、先日無事に直りました(^^)夏の昼間に快適に運転できるってこんなに幸せなことなのかと実感しています。きっと新しい車しか乗ったことない人には分からないんだろうな〜汗

今回のブログで紹介をするのは、「Ovalシェイプ」「素材はSilver925」「手彫りモノグラム彫刻は「Y」と「天秤と剣」」のシグネットリングです。

お誕生日と本のご出版記念に、お母さまからのプレゼントということでオーダーを頂きました^^

様々な工房をご覧になり、その中からKUBUSが作るシグネットリングのデザインやMessage from KUBUSに書いているその姿勢などに魅力を感じ、KUBUSを選んでくださりました。

世の中を見ていると、行なっていることが多くの方の目に触れるようになればなるほど、本当に伝えたいことや大切にしていることが薄れてしまったり、それが曲がって伝わってしまうことがあるように感じることが少なくありません。僕もポツポツとそういった経験をすることが出てきましたが、ご依頼くださるほとんどの方はKUBUSがどのようなことを大切にしているのかということを感じとってくださり、作り出しているものだけではなく、そのスタイルにまで関心を持ってオーダーをしてくださります。本当に有り難いです。

これってすごいことだと思うんです。決してKUBUSがすごいということではなくて、ものとして目に見える部分だけでなく、想いや姿勢などといったような形としては見えない部分までもを見ようとし感じてくださるというのは決して簡単なことではないと僕は思います。常にメッセージとして発信をしてきて良かったと、そこだけは自分を褒めてあげてもいいかな。

本のご出版記念と知ったら読まない訳にはいきません。インターネットで調べてみたところ、これだ!という本を見つけまして早速購入をさせて頂きました。

最初は「どんなシグネットリングが良いかな」と少しでもヒントがあればと本を広げたのですが、ちょうど僕がもっと知りたいと思っていることについて書かれた本で、気が付くと制作のことは横に置いて読み進めてしまいました。

よし!スイッチ入りました!制作開始です。

まずは、シグネットリング本体の造型作業。ヤスリを使って理想の形になるよう少しずつ削り込んでいきます。そうして粗削りが完了した姿がこちら。

粗削り完了

いつも言っていることですが、シグネットリングはフラットなフェイス部分とそれを包むように広がる曲線の美しさとの対比が重要なポイントの一つです。フェイス部分以外をふっくらとさせすぎてしまっては着用時に邪魔になってしまいますし、反対にそれを抑えすぎてしまってはチープに見えてしまいます。その塩梅も非常に大切で、言葉では上手く表現できないくらいに絶妙なバランスで成り立っています。これは手作業でしか表現できず、尚且つ、毎日シグネットリングと向き合い続けていることで研ぎ澄まされる指先の感覚がなければ実現することができません。「今季はシグネットリングでいこう」みたいにして作れるような代物ではないと僕は考えています。だからこそシグネットリングは最高に美しい。

続いて、細かく番手を重ねながら紙ヤスリで研いでいきます。

ある程度研ぐことができたら彫刻台へセット。モノグラムデザインを下書きします。今回手彫りさせて頂くデザインがこちら。

「Y、天秤、剣」モノグラムデザイン下書き

ニュートラルな印象でありながら、凛とした姿で立つ「Y」の文字。その後ろにある「天秤」の鎖を切り落とす「剣」。

ご依頼くださった方のイニシャルである「Y」は事前に伺ったご希望で、「天秤」と「剣」はご出版された本を拝読し、その内容や込められている想い、打ち合わせの際に伺ったお気持ちから、これが良いのではないかと提案をさせて頂きました。

天秤は司法や裁判の公正さを表すためのモチーフとしてしばしば用いられます。裁判所などに天秤を掲げた銅像が置かれているのを見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、果たして本当に法の元では皆平等なのでしょうか?

法が予期しきれない事柄も世の中には多くあると思いますし、そこからこぼれ落ちてしまう人々も多くいます。そもそも法律を作っているのは権力を持った一部の人々です。法律によって守られている部分もありますので一概には言えませんが、フェアではないことがまかり通っています。一部の権力を持った人々が彼らの価値観の中だけで都合よく決まりを作ったり、利用したりしています。

「誰かが狭い価値観の中で作った平等は決して公平ではない」と思うんです。ルールは守るためのものではなく、時には壊し、作り直し、磨き、また壊し、そうして変えていくためのものだと僕は考えています。その変化がアップグレードだと言えるものにするためには、多数決での少数派の意見を無視してはいけません。

そのような意味を込めるべく、天秤の鎖を切り落とすように剣を描き、「不公平な平等なんて壊してしまえ」ということを表現しました。

ただ、「壊してしまえ」と言っても感情的に攻撃するのではいけません。自らが生きる今を、大切な人が生きる明日を、そしてこれから生まれてくる人々が生きる将来のために、クールに熱く。

モノグラムに込めたその想いをシグネットリングへと手彫りで刻んでいきます。

深く。強く。繊細に。

それができるのも手作業ならでは。機械彫りでは表現できない、表情の豊かさが手彫りの大きな魅力です。

よし、彫れました。

「Y、天秤、剣」モノグラム手彫り完了

スタンプをするとこんな感じです。

「Y、天秤、剣」モノグラムデザインスタンプ

更に細かい番手の紙ヤスリで表面を整えたら、バフがけと呼ばれる仕上げ磨きをして、遂に完成です!!

【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(Sv925) 「Y、天秤、剣」_完成

【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(Sv925) 「Y、天秤、剣」_完成2

【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(Sv925) 「Y、天秤、剣」_完成3

ご依頼をくださったYさん、本当にありがとうございました!こんなにも意味を込めることができたのは、僕の想いや姿勢に共感をしてくださり、そして素晴らしい本と出会わせて頂けたからです。こちらのシグネットリングがYさんにとって、お守りのように支えてくれたり、力をくれたり、時には癒してくれるような存在となれば嬉しいです。直接お話ができる日を楽しみにしています!

今回も最後までお読み頂きありがとうございました!それではまた。


KUBUS 斎藤

【Gallery】【Semi-custom made】Hand Engraved Oval Signet Ring(Sv925) 「Y、天秤、剣」

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です