toggle
2020-11-01

【Bespoke Order】Machine carved Mellow Square(13mm×13mm) Signet Ring(18ct Yellow Gold)

こんにちは。KUBUSの斎藤です。

気付けば11月ですね。手先足先がすぐに冷えきってしまう斎藤には辛い季節です。笑 足先の冷えは仕方がないと無理くり受け入れられても、指先は制作をする上で感覚を研ぎ澄ませなければいけません。冷えっ冷えになり感覚が遠くへ逃げてしまいそうになるのを追っかけ、捕まえ、逃さぬようにしながら制作に励んでおります。

皆さんも身体を冷やさぬようお気をつけくださいね(^^)

今回ご紹介するご依頼品は、タイトルにもある通り、手彫りではなく”機械彫り”をフェイス部分に施したシグネットリング。

KUBUSのシグネットリングは、その多くに手彫りをさせて頂いております。そのため、「手彫りしかやらないのかな」と思っている方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

確かに、KUBUSは手彫りに拘っていますし、手彫りの方が格好良いと思っています。でも、デザインによっては手彫りよりも機械彫りの方が上手く表現できたり、素敵に仕上がることもあるんです。だから、そこは変に意固地になり過ぎず、柔軟に対応をさせて頂いています^ ^

ご希望のデザインを既にお持ちの場合は、それをお送り頂きまして、手彫りが良いかそれとも機械彫りの方が良いのかということを提案させて頂いています。

何が言いたいかというと、何でもまずはご質問頂けたら嬉しいですということです。どうぞKUBUSに皆さんのご希望をぶつけてきてくださいませ!

今回オーダーくださった方は、フェイス部分へ彫るご希望のデザインを既にお持ちでしたので、それを拝見しまして「こちらのデザインの場合は機械彫りの方が良さそうです」ということをお伝えしました。

そして、これまた大切なシグネットリングのデザイン。

これに関してもハッキリとしたご希望がおありでしたので、それをお聞きし、「Mellow Square」シェイプを提案させて頂きました。

普段ブログで紹介をする時には、もちろん完成した後に書きますので、「素材が何で、形はこれ、彫ったのは、、、」とパッと書いてしまっていますが、実際のやり取りは、こんな風にオーダーくださった方との対話の中で一つ一つ形作られていきます。

なので、最初から「これだ!」という完成形を思い描けていらっしゃらなくても全く問題ございません(^^)

”Bespoke”とは、対話の中で生まれることが大前提ですし、それが楽しいからKUBUSはこのようなスタイルをとっています。

何が言いたいかというと、何でもまずはぶつけてきてください!ということです。(すみません。しつこいですね。笑)

素材は「18ct Yellow Gold(K18YG)」をお選び頂きまして、これでこのブログのタイトルとなっている内容はほどんど揃いました!

それでは制作開始です!

以前制作させて頂いた『Mellow Square Signet Ring』はフェイス部分のサイズを11mm×11mmで作っていきました。今回はこちらのデザインを、オーダーくださった方のご希望に合わせて13mm×13mmで制作をしていきます。

とは言っても、ただフェイス部分を大きく作り変えれば良い訳ではございません。それに合わせて各部を一からリデザインしていく必要があります。バランスが崩れちゃいますからね。

その時の試行錯誤している様子を見せてしまうのはスマートではないので、粗削りが完了したところから写真をお見せします。笑

粗削り1

粗削り2

『Mellow Square』という名前の通り、四角をベースにしつつも、柔らかくまろやかな雰囲気を纏うように造型していきました。

Mellowさを更に表現すべく、いくつもの番手を使い分け表面を滑らかに研いでいきます。

研ぎ終わり、まろやかさが増した姿がこちら。

手研磨1

手研磨2

そして、品位を表す刻印を打ち込みます。

品位刻印

この品位刻印、普段はフェイス裏面に行なっているのですが、今回は腕部分裏面に。その訳は後ほどお伝えしますね。

機械彫りを施して仕上げ磨きをしたら遂に完成です!

【Bespoke Order】Machine carved Mellow Square(13mm×13mm) Signet Ring(18ct Yellow Gold)_完成1

【Bespoke Order】Machine carved Mellow Square(13mm×13mm) Signet Ring(18ct Yellow Gold)_完成_正面

細かいアルファベットもはっきりと表現できるのは、やはり機械彫りの強みの一つです。

【Bespoke Order】Machine carved Mellow Square(13mm×13mm) Signet Ring(18ct Yellow Gold)_完成_裏面機械彫り

フェイス裏面への機械彫りもご依頼頂いていたことが品位刻印を腕部分裏面にした理由です(^^)

制作年月とKUBUSサインを手彫りしたプレートと一緒に包んだら、僕がいつも身に着けているシグネットリングを使って封蝋。これは、KUBUSの斎藤が制作をし、ラッピングまで行いましたという印。

ラッピング

今回オーダーくださったKさま、ご注文本当にありがとうございました!思っていた通りに仕上がったとお伝え頂けて安心しました(^^)気に入って頂けるシグネットリングに仕上げることができたのは、完成までにお時間を頂戴してしまったにも関わらず、優しくお待ちくださったおかげです。これからこちらのシグネットリングと共に沢山の時間を過ごしてくださいね!本当にありがとうございました!!

完成したシグネットリングへのお褒めの言葉を頂く度に、「いやいや、素敵なシグネットリングに仕上げることができたのはオーダーくださったあなたのおかげですよ。これ謙遜でもなく本当に。」と感じつつ、とても有り難くお言葉を頂戴しています。

メールでのやりとりがほとんどのKUBUSにとって、オーダーくださる方とのメールのやり取りには、制作に必要なヒントがたくさん詰まっています。

「シェイプ」「素材」「号数」「彫りの有無」といったような必要最低限のことだけお知らせ頂いても作れることは作れますが、やはりそれだけだとお顔が見えない分、温もりを感じるようなジュエリーには仕上がりにくくなってしまいます。

「頑張った記念にシグネットリングを作りたい」「家族との繋がりをいつでも大切に抱いていたいから、それをシグネットリングに込めたい」「大切なあの人に贈りたい」等々、素材や号数のようにジュエリーを作る上で必ず必要なことではなくても、着ける方を表す『signature(署名の)ring(指輪)』を創る上では、こういった”着ける意味”や”込めたい想い”がすごくすごく大切なんです。

それに、せっかくシグネットリングをつくるのに、事務的で無機質な情報の伝達しか無いなんてあまりにも冷めてるじゃないですか。まるで直接会ってお話ができているような、温もりある対話から、お一人お一人にとって特別なシグネットリングを仕立てさせて頂くことを大切にしています。だから僕にとっても一つ一つのシグネットリングに思い出が詰まっていて特別なんです。

そうでないシグネットリングはKUBUSから生み出したくないとすら考えています。

沢山の人にこれを共感してもらいたいとは思いません。誰かの考えを変えたいとも思いません。僕はただ、これに共感してくれるような心ある方々と分かち合い続けていたいんです。世の中がどんなに冷たく冷えきってしまっていても、きっと温もりある人達はいるはずだし、KUBUSはそのような方々のためのジュエラーであり表現者でありたいと思っています。


KUBUS 斎藤

【Gallery】【Bespoke Order】Machine carved Mellow Square(13mm×13mm) Signet Ring(18ct Yellow Gold)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です