toggle
2020-12-01

【Semi-custom made】Hand Engraved Octagon Signet Ring(9ct Yellow Gold) 「NML」

こんにちは。KUBUSの斎藤です。

約1ヶ月ぶりの更新になってしまいました。カレンダーを見て「あれ!12月じゃん!!」と時間が経つ早さにびっくりし、ブログを更新できていないことに気付き更にびっくりしまして、こうして書いております。笑

皆さんにお見せしたいオーダー品がまだまだたくさんあるので楽しみにしていてくださいね!

先日、制作の合間にリフレッシュも兼ねて、工房近くにある「大山」へ行ってきました。せっかく自然豊かなところで生活をしているのに、縁側からの景色で満足してしまっていて、人気のスポットはチェックできておらず、初めての近所散策&観光です(^^)

紅葉シーズンはライトアップをしているそうで、土日は人で賑わっているという情報をキャッチ。平日の夜に行ってきました。

行けるところまで車で行き、そこからは長ーい階段の参道。362段あるそう。

両脇にはお土産屋さんが並んでいるので、楽しく登ることができます。(とは言え、ちょっと大変。笑)

階段を登りきると、ケーブルカーの駅が見えてきます。ケーブルカーに揺られさらに登りまして、「阿夫利神社駅」へ。阿夫利神社は、今から2200年以上前に創建されたそうです。ものすごい歴史ですね。

そこで撮った写真をお裾分け。

大山阿夫利神社の写真

大山阿夫利神社の写真2

いやー綺麗でした。今年の紅葉ライトアップはもう終わってしまったようですが、お昼も綺麗だと思いますので、もし良かったら皆さんも行ってみてくださいね!

あらやだ。日記コーナーが長くなってしまいました。汗

今回のブログでご紹介したいのはもちろんジュエリー。ご依頼を頂いたのは、『Octagon Signet Ring』。

最初このシェイプを作った時は、「自分は好きだけど、皆さんはどうだろう。」と少し不安もありましたが、今ではOvalに次ぐKUBUSの顔ともなっているシェイプです(^^)

そんなOctagonシェイプのシグネットリングを今回は「9ct Yellow Gold(K9YG)」で制作させて頂きました。

粗削りが完了した姿がこちら。

K9_OctagonSignetRIng_粗削り1

K9_OctagonSignetRIng_粗削り2

Oval等の曲線メインのシェイプに比べて、Octagonシェイプは面が多いので、造型をしていく際もまた異なる工夫が必要。面を意識しつつ、とは言え、カクカクした印象になり過ぎないように、要所要所で曲線にもフォーカスを当てながら作っていきます。

粗削りができたら、この後はひたすら研磨。平打ちリングのように全体が一定の面で構成されていれば、ブイーンとリューターを使って研磨していくことができますが、絶妙なバランスで成り立っているシグネットリングには、Ovalに比べて面が多い構成のOctagonシェイプだとしても手作業が求められます。一つ一つの面をじっくりと。

手彫り手前までの研磨が終わり、続いてはモノグラムを下書きするためのガイドラインを引きます。

シグネットリングにガイドラインを引いた写真

今回手彫りをしていくモノグラムデザインはこちら。

NMLモノグラムデザイン

使用したアルファベットは「NML」。『クラシックで品がある雰囲気』とのご希望を伺い、それをもとに作成し、いくつかご提案したデザインからお選び頂きました。

KUBUSでは、モノグラムデザインをご依頼くださった方のご希望に合わせてオリジナルでデザインさせて頂いています。これがやってみると意外と大変。汗 毎回「自分の中のクリエイティビティはもう枯れちゃったのかも。」と感じるほどに頭を抱えながら振り絞っています。笑

デザインを描くのがどんなに大変でも時間がかかっても、やっぱりシグネットリングの顔になる部分ですからね。『signature(署名の)ring(指輪)』の名に恥じないよう、ひとつひとつ一からデザインを描かせて頂いております。

そして、振り絞るように描いたデザインには体温が宿るような気がしているんです。事前に用意されたフォントから選び、ただ文字を並べただけのモノグラムからはそれを感じられません。モノグラムを文字として、シグネットリングを単なる物として捉えているようではダメだとKUBUSでは考えています。

アツくなってしまいました。

振り絞り描いたモノグラムをシグネットリングに込めるべく下書きをしていきます。

NMLモノグラム下書き

下書きができたら、いよいよ手彫り開始。線の太さはもちろん、深さや重なり方にも気を配りながら彫っていきます。

そして、見た目の美しさだけではない、温もりあるシグネットリングになるように。

込め終えました。

NMLモノグラム手彫り後

スタンプして確認。

NMLモノグラム手彫り後_スタンプ

うん、バッチリ!!

仕上げ磨きをしたら完成です!!!

【Semi-custom made】Hand Engraved Octagon Signet Ring(9ct Yellow Gold) 「NML」_完成1

【Semi-custom made】Hand Engraved Octagon Signet Ring(9ct Yellow Gold) 「NML」_完成2

【Semi-custom made】Hand Engraved Octagon Signet Ring(9ct Yellow Gold) 「NML」_完成3

彫ったところがキラッ。手彫りならではの魅力です。

【Semi-custom made】Hand Engraved Octagon Signet Ring(9ct Yellow Gold) 「NML」_完成4_裏面刻印

フェイス裏面には品位刻印を。

ご注文くださったOさま、ありがとうございました!『大事にしながらヘビーに使わせて頂きます。味わい深く育てていくのが楽しみです。』とのお言葉嬉しいです。いつも僕が言っていることですが、KUBUSからお届けした姿はまだ完成ではなく、あくまでもご着用頂くための準備をしたに過ぎません。ご着用頂くことで完成へと近づいていくんです。それに共感をして頂けていることありがたいです。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました!グンと寒くなってきましたので、身体を冷さぬようお気をつけくださいね。

それではまた!


KUBUS 斎藤

【Gallery】【Semi-custom made】Hand Engraved Octagon Signet Ring(9ct Yellow Gold) 「NML」

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です